早漏対策のためのブログ|早漏の教科書

何分で射精すると早漏?その時間を調査

早漏の時間

男性にとって早漏は人には言えない悩みですよね・・・。実際に何分で射精すると早漏になるのでしょうか?その時間を解説します。早漏の時間とは?

挿入時間の平均とは?

さて、まず始めにセックスにおける平均挿入時間を「時間別」と「年齢別」に分けて見ていきましょう。

【時間別】約6割が10分以内に射精

女性誌「anan」が読者の女性1,070人を対象におこなった調査では、5~10分が42%と最も多く、さらに1~5分が12%であり半数以上の男性が10分以内に射精している結果となりました。

(縦軸:割合)

時間別 早漏
  • 1分未満 1%
  • 1~5分 12%
  • 5~10分 43%
  • 10~20分 27%
  • 20~30分 13%
  • 30~60分 2%
  • 60分以上 2%

【年齢別】若者は7~8分も我慢できない

続いて小学館「sabra」誌が20代~50代の日本人女性1,000人に対しておこなった調査では、全体の平均が約10分前後という結果になりました。

20代の若者は7~8分と早く、年齢を重ねるに連れて挿入時間が長くなっています。50代には15分となり、その差は2倍もあります。

(縦軸:挿入時間)

年齢別 早漏
  • 20代 7~8分
  • 30代 10~12分
  • 40代 10~13分
  • 50代 15分程度

女性が希望する挿入時間は平均15.7分

同誌のアンケートで、女性が希望する挿入時間の平均は15.7分という結果が出ています。このことからほとんどの男性が女性の希望する時間よりも早く射精していることが分かります。

  • 希望する平均 15.7分
  • 3分以内を希望する女性 3%
  • 30分以上を希望する女性 14%

3分以内を希望している女性は3%、逆に30分以上挿入して欲しいと希望する女性は14%と低い結果であり、短すぎても長すぎても女性は嫌なようです。

女性の理想的な前戯は平均18.2分

女子SPA!が20~30代の女性200人にアンケートを行った調査によると、女性が希望する理想的な前戯は平均18.2分という結果であった。

女性は挿入より前戯の時間を大事にしたい傾向があるようです。男性は快感そのものを楽しみますが、対して女性はムードを重要視し、セックスの幸福感はどれだけ愛されているかによって変わってきます。

何分以下で早漏?

一般に「最低3分間」持たなければ早漏ということを耳にしますが、具体的なデータがあるわけではなく一概に時間で推し量れるものではありません。

大切なのは、女性が十分に満足できたかどうかです。相手が満足できない内に射精してしまえば早漏と判断されても仕方がありません。

早漏の定義とは?

早漏の具体的な定義があるわけではありませんが、例えば以下のような場合だと早漏といえるのではないでしょうか。

  • 膣内挿入後、3~5分以内に射精する
  • 射精するタイミングをコントロールできない
  • 女性がオーガズムに達する前に射精する

前述のアンケートでも5~10分の挿入が最も多いことからも、それを下回る5分以内に射精してしまうと早漏と言われても仕方が無いでしょう。

ですが、早い遅いなど時間の問題ではなく、大切なのは”女性を満足させられるまで我慢できるか”と言うことが基準となります。

  • ゼファルリン
  • マジックマックス
  • ジゴロプラススプレー

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

早漏改善ブートキャンプ

ジゴロプラススプレー

早漏治療クリニック

カテゴリー

人気の記事

新着の記事