早漏対策のためのブログ|早漏の教科書

ダポキセチンとは?その効果と恐るべき副作用

ダポキセチン

早漏防止成分として有名な「ダポキセチン」の効果や副作用、正しい服用方法などを徹底解説します。早漏改善に絶大な効果が期待されプリリジーなどの主成分にもなっているダポキセチンですが、実は恐ろしい成分だったんです・・・!

ダポキセチンとは?

ダポキセチンは早漏防止成分の一種で射精時間を延ばす効果があります。SSRIと呼ばれる抗うつ剤の成分と同じ働きを持ち、元々は抗うつ剤として使われていました。

ダポキセチンを服用したうつ患者から射精時間が遅くなったとの報告があり、今では早漏防止薬として広く使用されています。

ダポキセチンを主成分とした治療薬

ダポキセチンを含む代表的な治療薬には、以下の商品があります。

ダポキセチンの効果と作用

ダポキセチンの効果と作用

ダポキセチンにはセロトニン増加シナプスの働きを助け、脳の興奮を抑える作用があります。個人差はあるものの、臨床試験では半数以上の人に「約3~4倍の遅延効果」が見られました。

初回の服用では約1~2倍の効果ですが、2ヵ月~半年間 飲み続けることで徐々に効果を発揮していきます。気になる持続時間ですが、服用してから30分~1時間ほどで効き始め、その後「約2~5時間」の持続効果が期待できます。

早漏効果 【初回服用】約1~2倍、【2ヵ月~半年服用】約3~4倍
持続時間 約2~5時間

※プリリジー30mg/60mgの参考データ

臨床試験の結果

アメリカ人男性 約2,000人を対象とした臨床試験では、プリリジーを4ヵ月間飲み続けたところ、検証前に平均54秒だった射精時間が、ダポキセチン30mgでは平均3分41秒、ダポキセチン60mgでは平均4分11秒まで延長しました。

【条件】
対象:アメリカ人男性 約2,000人
商品:プリリジー(ダポキセチン)30mg/60mg
期間:約4ヵ月

【結果】
ダポキセチン30mg:平均54秒→平均3分41秒・・・約4.1倍!
ダポキセチン60mg:平均54秒→平均4分11秒・・・約4.6倍!

射精のメカニズム

射精はノルアドレナリンにより調節されており、ノルアドレナリンが増加することで射精に至ります。脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンには自律神経の働きやノルアドレナリンの分泌を抑制する作用があります。

ダポキセチンを摂取することでセロトニンの濃度を高めノルアドレナリンの過剰な分泌を抑制します。この作用により、交感神経から伝わる興奮が抑制され、射精時間の延長につながると考えられています。

ダポキセチンの正しい服用方法

ダポキセチンの正しい服用方法

ダポキセチンは1回30mgを目安に、性交渉の約1~3時間前に服用します。1錠60mgの錠剤であれば、錠剤カットはさみ などで半分に割って服用すると便利です。

1回に使用する量 30mg(1日最大60mgまで)
使用するタイミング 性交渉の約1~3時間前(食前・食後どちらでもOK)

早漏防止成分には食前や食後など服用のタイミングによって効き目が変わってくるものがありますが、ダポキセチンは空腹時でも食後でも効果に変わりはありませんので飲むタイミングを気にする必要はありません。

ダポキセチン服用の注意点

ダポキセチンの摂取量は1日で最大60mgまでとされています。1日の最大服用量は超えないように注意し、服用後は必ず24時間以上の間隔をあけましょう。

過剰摂取してしまうと副作用を起こす危険性が高まります。

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンには恐るべき副作用があり、以下のような症状が報告されています。

  • 下痢
  • めまい
  • 吐き気
  • 痺れ
  • 多汗
  • 血圧低下

特に下痢や目まいが辛いといった報告が目立っています。服用した方の一定数が何らかの副作用を感じているようです。以下に副作用についての口コミレビューを紹介します。

  • 効果はあるが、お腹の調子が悪くなった・・・。
  • S○X回数が増えましたが、下痢には本当に要注意です。
  • あまりにもボーっとし過ぎてしまう時がある。
  • 飲んだ後の腹痛と下痢がやばい。
  • 飲んでしばらくすると目まいが襲ってきて辛かったです。

※ダポキセチン配合の治療薬を服用した方からの口コミ

ダポキセチンの処方にかかる診察料

ダポキセチンの処方にかかる診察料

ダポキセチンを主成分とするプリリジーは、国内では未承認の成分となり厚生労働省が認可した医療機関でのみ処方が許可されています。

医療機関での処方は「1錠 2,000~3,000円前後」が相場であり非常に高額です。

プリリジー(ダポキセチン)を処方している病院

ダポキセチンの個人輸入は危険!?

ダポキセチンの個人輸入は危険!?

個人輸入だと医療機関で処方してもらう半額以下の値段で手に入るため、個人輸入代行サービスを使う方も多いですが、個人輸入は「偽物や副作用」の危険性が高く注意が必要です。

▼個人輸入の危険性については、以下記事で紹介しています。
早漏防止薬は危険?!効果と恐るべき副作用
医薬品の個人輸入代行は違法?逮捕されるってホント?!

まとめ

ダポキセチンは射精時間の延長に効果があるとされ、プリリジーなど早漏治療薬の主成分として広く使用されています。

一方で、副作用の危険性が高く「下痢や嘔吐」といった健康被害が報告されるなど、とても危険な成分でもあります。

医療機関で処方を受けると高額なことから個人輸入代行を利用する方も多いですが、個人輸入は偽物リスクが非常に高いため注意してください。個人的にはダポキセチンの服用はおすすめしません

即効性を求めた早漏対策には、天然成分で作られた「ジゴロプラススプレー」がおすすです。また「田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ」は根本的な早漏克服につながります。

  • ゼファルリン
  • マジックマックス
  • ジゴロプラススプレー

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

早漏改善ブートキャンプ

ジゴロプラススプレー

早漏治療クリニック

カテゴリー

人気の記事

新着の記事